給付金支給の流れ

弁護士それではどのような流れで給付金を受け取ることができるのかを紹介しましょう。まずは医療記録をはじめとして必要な書類を揃えるところから始めます。裁判をする際には自分が給付金を受け取れる要件を満たしていることを証明しなければいけません。

たとえばB型肝炎に感染していることを証明したり、過去に予防接種で注射器の使い回しがされていた可能性があることも証明します。また、それ以外の理由によってB型肝炎に感染したわけではないことも証明する必要があるのです。必要な書類はたくさんあります。

そして、実際に国家賠償請求訴訟を提訴することになります。要件を満たしているならば和解が成立します。そのあとは支払基金に対して請求をして、実際に支払いを受けることができるのです。

大まかに説明すればこのような流れとなっています。特に資料の準備や裁判をすることに苦労してしまうケースが多いでしょう。これらについては弁護士に相談をすると良いでしょう。弁護士であれば代理人として行動することができます。資料集めも行ってくれるでしょう。そのため、スムーズに手続きを進めて、B型肝炎給付金を受け取れるようになるのです。給付金をしっかりと請求して受け取りましょう。


関連記事

  1. B型肝炎とは
  2. 特別措置法とは
給付金支給の流れ

特別措置法とは

B型肝炎の感染者のために特別措置法というものが成立しています。こちらは国が給付金を支給することを定めたものとなっています。こちらには請求期限が存在しているため、その期限までに被害者の方は手続きをしなければいけないのです。

注射器特別措置法ではさまざまな点が定められています。たとえば支給金を受け取ることができる人の要件です。集団予防接種で感染をした人が基本的にお金を受け取れます。また、その人の子供で母子感染や父子感染してしまったケースでもお金は支給されます。さらには、遺族の方も相続権があるため請求することができるのです。

給付金は裁判をして和解の手続きをしてからお金を受け取れるという流れになっています。その際には基準を満たしているかどうかがチェックされるのです。そのときには特別措置法によって定められている条件について確認されます。そのため、特別措置法というのはとても重要なものとなっています。こちらによって給付金に関するすべてが決まっているといえるでしょう。

給付金については裁判で和解をしたあとに支払基金に対して請求を行うことによって受け取ることができます。それぞれの病態や症状などによって給付金の額は異なっています。これらについても法律で決められています。


関連記事

  1. B型肝炎とは
  2.  給付金支給の流れ
特別措置法とは

B型肝炎とは

B型肝炎とはB型肝炎ウイルスによって引き起こされてしまう肝炎のことです。お酒の飲み過ぎでなってしまう肝炎とは異なっています。もし肝炎になってしまうと細胞が壊れてしまい、働きが悪くなってしまうでしょう。こちらのウイルスはとても感染力が強いのが特徴となっています。そのため、どんどん感染してしまう可能性があります。また、慢性化しやすいです。その結果として肝臓がんや肝硬変になってしまう可能性もあるのです。

剃刀ただし、感染経路は限られています。血液や精液、膣分泌液などに含まれています。性行為をしたことによって感染してしまうこともあれば、歯ブラシやカミソリを共用することによって感染するケースもあります。ただし、大人の場合は慢性化することはほとんどありません。しかし、免疫力の未発達な子供の場合は感染して慢性化することが多いのです

このようなB型肝炎は集団感染したケースが日本でありました。集団予防接種で注射器の連続使用が起きてしまったからです。これによって血液を介して感染が広まってしまったのです。これは国のミスとなっているため、被害者が国を集団提訴しました。そして、和解が成立して、その結果生まれたものが特別措置法です。

こちらではB型肝炎の特別措置法について解説しましょう。こちらの法律がどのようなものであり、B型給付金についても説明しましょう。B型肝炎の感染者はたくさんいます。集団予防接種で感染した方に役立つ情報を提供しましょう。


関連記事

  1. 特別措置法とは
  2. 給付金支給の流れ
B型肝炎とは