給付金支給の流れ

弁護士それではどのような流れで給付金を受け取ることができるのかを紹介しましょう。まずは医療記録をはじめとして必要な書類を揃えるところから始めます。裁判をする際には自分が給付金を受け取れる要件を満たしていることを証明しなければいけません。

たとえばB型肝炎に感染していることを証明したり、過去に予防接種で注射器の使い回しがされていた可能性があることも証明します。また、それ以外の理由によってB型肝炎に感染したわけではないことも証明する必要があるのです。必要な書類はたくさんあります。

そして、実際に国家賠償請求訴訟を提訴することになります。要件を満たしているならば和解が成立します。そのあとは支払基金に対して請求をして、実際に支払いを受けることができるのです。

大まかに説明すればこのような流れとなっています。特に資料の準備や裁判をすることに苦労してしまうケースが多いでしょう。これらについては弁護士に相談をすると良いでしょう。弁護士であれば代理人として行動することができます。資料集めも行ってくれるでしょう。そのため、スムーズに手続きを進めて、B型肝炎給付金を受け取れるようになるのです。給付金をしっかりと請求して受け取りましょう。


関連記事

  1. B型肝炎とは
  2. 特別措置法とは
給付金支給の流れ