特別措置法とは

B型肝炎の感染者のために特別措置法というものが成立しています。こちらは国が給付金を支給することを定めたものとなっています。こちらには請求期限が存在しているため、その期限までに被害者の方は手続きをしなければいけないのです。

注射器特別措置法ではさまざまな点が定められています。たとえば支給金を受け取ることができる人の要件です。集団予防接種で感染をした人が基本的にお金を受け取れます。また、その人の子供で母子感染や父子感染してしまったケースでもお金は支給されます。さらには、遺族の方も相続権があるため請求することができるのです。

給付金は裁判をして和解の手続きをしてからお金を受け取れるという流れになっています。その際には基準を満たしているかどうかがチェックされるのです。そのときには特別措置法によって定められている条件について確認されます。そのため、特別措置法というのはとても重要なものとなっています。こちらによって給付金に関するすべてが決まっているといえるでしょう。

給付金については裁判で和解をしたあとに支払基金に対して請求を行うことによって受け取ることができます。それぞれの病態や症状などによって給付金の額は異なっています。これらについても法律で決められています。


関連記事

  1. B型肝炎とは
  2.  給付金支給の流れ
特別措置法とは